成功できる人とは?|魅力的なことをして魅力の貯金をしている人

成功できる人とは?|魅力的なことをして魅力の貯金をしている人

誰もが成功したいですよね。成功っていうとお金をたくさん持てることと繋げがちですが、成功って他にも

  • 心身ともに幸せで満たされた生活が送れる
  • まったく悩みがなくて気持ちが落ち着いた毎日
  • お金にまったく困らないし考えなくていい生活
  • 身体は健康で豊かな心を持った自分でいられる

のように、自分が精神的にも物質的にも満たされた状態こそ「成功」と呼べる状態なんだと思います。

では、成功できる人って、どんな人なのか?

巷に溢れた本に書いてあることを実践しても、誰もが成功したという気持ちになってないのではないかと思います。
ここでは、必ず成功できる人になれる方法を書いていきます。



成功できる人は魅力的なことをして魅力貯金している

笑顔でいられる人は自然にお金から愛される

いつも楽しく、幸せでいるためには、笑顔でいることが大切です。心が伴わなくてもいいから、顔をこわばらせないで笑った顔になる習慣を身につけましょう。

笑顔(笑った状態の顔)で、暗いことやイヤな目にあったことは考えられないのが人の習性だからです。しかも、ずっと笑顔でいれば自然にお金から愛される顔になる、という神秘が起こります。不思議な力ですが本当です。

身体の筋肉を鍛える筋トレも必要ですが、そのメニューに顔の筋肉が笑顔になるトレーニングも加えてください。または普段、真剣な顔をしていたら、意識して笑顔になる筋肉の動きをする習慣をつけます。

笑顔ひとつなら、自分の意志でどうにもできます。訓練次第でいつも笑顔でいられるようにしていくことは可能です。顔の筋肉を鍛えて性格を明るくしましょう。鏡を見て、いつも笑顔をチェックしましょう。

するとそのうち、いつのまにか心も明るく変わってきて、お金の入りも良くなっていることに気付くでしょう。

 

いいことがたくさん起こる成功者は「魅力」を貯金している

人間には、魅力的な人と魅力のない人がいます。魅力とは人を惹きつける力です。魅力=引力です。あなたはどうですか?自分が魅力がある人で人を惹きつける引力の持ち主だと思いますか?

成功できる人は、「魅力を貯金する」という不思議な考え方を持っています。それは、魅力的なことをやっていると魅力の貯金が増えていくという考え方です。「徳を積む」とも似ていますね。

逆に、マイナスなことをやっていたら、その魅力の貯金額はどんどん減っていきます。ただでさえ魅力的なことをやる機会のほうが少ないのに、マイナスなことを続けていると、すぐに赤字に陥ります

しかし、魅力を貯金するために魅力的なことを意識して続けていると、その貯金にはとんでもない金利が上乗せされます。それがいいことがたくさん起こる成功者の秘密です。いいことばかりが起こる人は、魅力の貯金を続けている人なんです。

魅力的なこととは、先ほど言ったように、いつも笑顔の人。

毎日色んな人に会い、仕事をし、遊ぶ場で、いつも笑顔でいられる人は魅力的な人なので魅力の貯金がたくさんできます。そこに金利が上乗せされるから、いつもいいことばかりが起こるようになるのです。

イヤなことばかりがたくさん起こる人は魅力の貯金を増やす努力をしてください

魅力の貯金をマイナスにすると、イヤなことがどんどん起こります。

  • 「なんでこんなにイヤなことが続くんだ」
  • 「自分ばかりイヤな目に遭っている気がする」
  • 「周りはみんな楽しそうに明るくしゃべっているのに、なんで」

という人は、必ず魅力のないことを無意識にやっています。つまり、魅力的なことして魅力の貯金をしないで、魅力のないことをやって借金ばかりしているということです。

借金するのは、お金に限らず、やめたほうがいいですよ。それよりも先に、魅力を貯金していきましょう。「借金」「魅力を貯金」の言葉だけ見ても、魅力的なのは「魅力を貯金」ではないですか?^^

魅力の貯金額を増やしていきましょう。これさえやっておけば、何をやってもあなたは成功できる人になれるのです。

あなたはどれくらい周りの人のお役に立ててますか?

成功の大きな1要素であるお金。ではこのお金って何なんだろうと考えると、お金は見えない存在(神など)からのご褒美という考え方があります。

どんな小さな仕事であろうと、どんな職種であろうと懸命に働いてお金が入ってきたときは、「いくらかは世の中のお役に立てたんだ」という風に、成功できる人は考えています。

つまり、自分がどれくらい世の中のお役に立てているかという判断基準=手元に入ってくるお金の量なのです。なので、成功できる人は、入ってくるお金をとても大切なものだと考えます。

誰にとってもお金は大切なものですが、成功できる人は、世の中のお役に立てているのか?の判断基準となるお金がないなら、「成功者」ではないということになります。

 

お金は”神様のエネルギー”だから幸せのために使う

日常会話で「世の中、金じゃない」とか「なんでも金で解決しようとするのはろくでもない」とかって話になることはありませんか?一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

しかし、なにかを解決するためにお金が必要なのに、それにお金を出さない人は、それ以上にろくな者ではありません。お金は、神様のアイディアであり、人の役に立てるエネルギーだからです。

お金は、人が幸せになるために使うツールだから「使い方」を知り、自分と自分の大切な人を幸せにするために使いましょう。

【参考書籍】斎藤一人 奇跡を呼び起こす「魅力」の成功法則/柴村恵美子