現代のお金持ちは【休日の過ごし方】にも共通の特徴

どうも、Mr.Richです💰

現代のお金持ちには休日、余暇の過ごし方にも共通点が見られます。

その共通点を、実際に探りながらお金持ちになる道を考えたいと思います。



お金持ちの休日の過ごし方の特徴

お金持ちは休日など気にせず、あくせく働くばかりでよろしくないと考えていませんか。
いいえ、そんなことはありません。

休日の過ごし方にも特徴があります。

もちろん、やるべきタイミングには休日であってもあくせく働くでしょう。
しかし、それが常ではありません。

ビジネスの立ち上げ、頑張るべきタイミングは休日も稼働しています。
しかし、基本的にはオンとオフをきちんと使い分けているものです。

むしろ、このオンとオフをうまく切り替えられない人間がお金持ちになれないといった方が良いでしょう。
現代はこのきりかえをうまく行い、効率よくビジネスを展開できる器用さがないようでは周囲からも認められないです。

あくせく働くだけのタイプではまわりにヒトもなかなか集まらないというデメリットさえ生んでしまいます。

お金持ちの休日の過ごし方の考え方

昭和の偉大な経営者、松下幸之助が週休2日制を日本に最初に取り入れたとされています。
そして、その考え方は「一日休養一日教養」といわれています。単に休むだけではなく「勉強もすべし」ということがポイントです。

例えば、休日なら時間があるから読書で知識と教養を身につけたり、いろいろな方との交流で人脈を広げる活動に勤しんだりと時間を有効に活用するということです。

これが出来てこそ、お金持ちへの道も見えてきます。もちろん、休養と教養に加えて家族や友人とのコミュニケーションも取れる余裕も欲しいところです。

お金持ちもみな、それぞれを支えてくれるのはビジネスパートナーだけではなく家族や友人になります。
このことをきちんと理解していないと失敗してしまうからです。

バランスよくいかに時間を使っているかに集約される

もちろん、若いうちから「使う時間にバランスをとる」といっても難しいかもしれません。
周りの方々に学びながら少しでも

  • 上手な休日の過ごし方を学び、体得できれば

お金持ち、ビジネスを成功させる道が見えてくるでしょう。何事も周囲の同僚や先輩から学ぶところからスタートだといえます。

それでは、Mr.Richでした💰