お金持ちは「投資にお金を使う」ことが当たり前の状況と言える3つの理由

お金持ちは「投資にお金を使う」ことが当たり前の状況と言える3つの理由

どうも、Mr.richです💰

お金持ちの人は当然、庶民と比較してお金を多く持っています。
それは”お金持ちならではのものの考え方”というものがあり、それを実行したがゆえに「結果的にお金持ちになれた」ということが言えるのです。

それが投資であり、「投資をするかどうか」はお金持ちと庶民に差がつく原因として非常に大きいです。

お金持ちになりたいなら、お金持ちが日ごろから持っている考え方を知ることが重要なので、それを理解すると実際にお金持ちになれる可能性が高まります。



お金持ちは貯金せずに投資に使う

お金を増やすための手っ取り早い方法が投資だからです。
多くのお金持ちに共通する部分として、投資にお金を回し、貯金をするという発想はほぼないということです。

”稼いだお金”は貯金しないで投資に回すことで、お金持ちが結果的にお金が増える状況になっています。

日本人は貯金が大好きと言われる面もあります。
しかし、それは庶民には当てはまるもので、お金持ちにはほぼ当てはまらないと言えます。

お金持ちがたくさんのお金を持てるのは貯金をしていることが大きな理由ではないのです。

お金持ちにとって投資は効率的な稼ぎ方

”別の存在に働いてもらう”ことをすれば、それだけ多く稼ぐことができるのです。

通常、”お金を稼ぐ”というときは、「自ら働いて給料を得る」というのが一般的です。
自分が働いた場合には、稼げる金額の範囲はどうしても自分が労働できる範囲内ということになってしまいます。

お金持ちはそういった面で違う考え方を持っています。
それが投資であり、投資は”お金に働いてもらう”という考え方なのです。

投資というのは、

  • 自分が持っているお金を労働力にして稼ぐ

というやり方であるとお金持ちは認識しています。

お金にも働いてもらえれば、”お金を稼ぐ主体”が自分1人の場合と比べて圧倒的に増えている、大きくなっている状態と言えるのです。

そのため、お金持ちにとって投資というのは、これ以上ない効率的な稼ぎ方という認識にあります。
だから、貯金するよりもお金が増えるのは当然の状態なのです。

お金持ちにとって投資は日常の行為

お金持ちにとっては、お金は使った方が増えるという、常識に反する認識になっています。
もちろん、使い道は主に投資です。

  • ”稼いだお金は投資として使い続ける”

それによってお金が増え続けるシステムが出来上がり、お金持ちはどんどんお金を増やしていくことができるのです。

お金持ちは日々お金を使い、お金を増やしています。
そのため、彼らにとって投資は完全に日常の光景なんです。

「お金は使うと減るもの」という認識が一般人にはあるかもしれません。
しかし、お金持ちには”それは当てはまらない”ことが多いです。

貯金をするのではなく「使ってしまった方が結果的に増える」というのは非常識な発想かもしれません。
でも、お金持ちという存在自体が限りなく”少数派”という意味では、そういう非常識な発想を持てないと、お金持ちにはなれないのでしょう。

これが彼らにとっては日常であり、「庶民にとって投資は縁のないもの」という認識の人も多いでしょう。
ただ、お金持ちになりたければ「もはや投資は必須である」と言えます。

それでは、Mr.richでした💰