お金持ちが金銭管理をしっかりする理由とは|同じレベルに近づくコツや方法も

お金持ちが金銭管理をしっかりする理由とは|同じレベルに近づくコツや方法も

どうも、Mr.Richです💰

お金持ちに共通しているのは金銭管理の仕方や方法です。
驚くほどに徹底した管理がなされているのが特徴といえるでしょう。

お金持ち=所得水準の高い人と思われがちです。しかし、必ずしも高額所得者とは限りません。
ただ、周囲から「羨ましい」と思われる存在であることは間違いありません。

言ってしまえば最終的に、世の中は”お金の力”がものを言います。
貯蓄と可処分所得が多ければ、その分、便利なモノやサービスに充てる余裕があります。

しかし、いくらお金を稼いでも生活レベルを向上するだけでは手元に残るお金は少なくなります。
これから大きく稼げるようになったときのために、お金持ちのお金の管理を学んでいたほうがいいでしょう。



お金持ちは金銭管理を「すごいレベルで徹底している」

お金持ちは1カ月の収支状況は概ね予想可能です。

例えば店舗経営で生計を立てている場合、上振れや下振れの可能性もあります。
その収支を予測して「〇〇円は貯金できるな」といった金銭管理ができるのが、お金持ちの共通パターンです。

そしてその貯金したお金には、「絶対に手を出さない」という強い覚悟と意思があります。

お金持ちは貯蓄より「投資で金銭管理する」

お金持ちは稼いだお金を「いかに増やしていくか」という考えを基本とし、しかもお金を増やす方法に長けています。

”銀行預金”と比較した場合、若干のリスクは背負うことになるものの、株式投資や投資信託に投資することも立派な金銭管理方法の1つとなります。

元々、貯金するのが当たり前だった日本人。
しかし、マイナス金利という言葉が聞かれるようになり、預金しても、ほとんどお金が増えることはありません。

金銭管理も時代の変化とともに変えていく必要が出てきているのです。

お金に余裕がある人が「優位性を持つ」という真実

お金がないと生きていくために必要なモノやサービスを手に入れることができません。
普通の生活で充分と感謝して生きることも大切。でも、お金持ちしか得られないステージもあるのです。

そのため、昔から”お金持ちが社会における成功者”と位置づけられてきました。
暗黙の了解であり、教科書や参考書に謳われることはありません。

庶民はその立場を羨むでしょうけど、実はお金持ちほど「お金だけがすべてじゃない」と知っているのも真実です。

それでは、Mr.Richでした💰