お金持ちが独身のまま結婚しない理由|お金持ち特有の習慣やメリットがある

お金持ちが独身のまま結婚しない理由|お金持ち特有の習慣やメリットがある

どうも、Mr.richです💰

お金持ちで独身のまま結婚しない人もいる理由は、お金持ちに特有の”ある習慣”があるからです。

お金持ちの人はお金を持っている点で明らかにモテる要素を持っています。
でも、お金持ち”だから”結婚しない理由があるのです。



お金持ちが独身のまま結婚しないのは合理的な思考習慣だから

お金持ちの人が「なぜ、お金持ちになることができたのか?」というと、それは合理的な考え方ができるからです。
特定の目的を達成するために無駄の少ない、有効性の高い選択肢を選ぶということが習慣になっているのです。

そして、それは結婚観にも表れていると言えます。

  • 「結婚は果たして幸せになれるものなのか?」
  • 「自分の人生に結婚というものが必要なのか?」

その道筋を考えて合理性の高い手段を選ぶからこそ、結婚に合理性を感じない場合は結婚しないのです。

お金持ちは結婚をすることの”問題点”を知っている

多くの人が望む結婚も、合理的な考え方をしている人にとっては魅力的に見えないのです。

結婚というのは「好きな人と一緒に、末永く生活を共にする」状況と言えます。
しかし、お金持ちの人は気付いています。

結婚をする前には感じない”ある感覚”が結婚後に芽生えてくることに。
それは”飽きの感覚”で、どれだけ好きな人であっても、毎日同じ家の中で生活を共にすると飽きる可能性が高くなるのです。

どれだけ好きな人と結婚しても飽きる

お金持ちは、”結婚しないことの合理性”を見出してしまうのです。
結婚をしなければ、付き合っている相手に飽きたら別れて、別の人と付き合えば良いだけですよね。

なので、結婚して飽きる状況を迎えたら我慢を強いられることになると感じるのです。

誰でも当初は「好きな人とこれからずっと一緒に生活できる」と感動するでしょう。
でも、それが長く続くと”当たり前の状況”にしか思えなくなり、その感動は消えていきます。

飽きると「刺激を求めて浮気をしたくなる」感覚に変わることもあります。
しかし、「結婚をしている以上、気軽に浮気なんてできない」こともお金持ちは分かっているのです。

そんなことをすれば、余計な問題を抱え、仕事やビジネスに集中できません。
離婚となれば慰謝料も払うことになるため、合理的な生き方とは言えないのです。

お金持ちは”結婚は不自由な状況”と考える

お金持ちは”先を読む”ことに長けている、未来を想像する力があるがゆえに、「何をすればお金持ちになれるか?」を考え、結果的にお金持ちになっています。

その先見性は、結婚観においても同様に働きます。
長期的に考えれば、結婚というのは決して幸せな状況とは言えない可能性があるということです。

人間は当たり前の光景が続くと、飽きる瞬間も訪れます。

お金持ちのすべてが結婚しないとは言えません。でも、

  • 「好きな人と結婚しても最終的に幸せな気持ちが小さくなると分かる」
  • 「結婚すると違う異性に手を出しづらくなり不自由な状況を生むだけ」

こういう想像ができてしまうお金持ちは、結婚を避ける人も多いです。

それでは、Mr.richでした💰