【2020年/令和2年】の本厄・前厄・後厄|厄年が来ると”飛躍する”人になる

【2020年/令和2年】の本厄・前厄・後厄|厄年が来ると”飛躍する”人になる

2020年に自分が厄年に当たる年かわかりますか?

もし2020年が厄年の人は、新年から身が引き締まる思いかもしれませんね。

まず厄年がどういうものかというと、ある特定の年齢に達した人に「厄=あまりよくない事」が起こる確率が高いので注意する必要があるとされるものになります。

古くは平安時代ごろから先人の知恵の様に伝わっている風習です。

もちろん「迷信」や宗教めいたものとして根拠の無いものという人もいます。

一方で、

  • 体調の変化や体力の衰え等が現れる年齢
  • 家庭環境の変化や社会における立場の変化が多い節目の年齢

とも言われ、実際に厄災が起こる可能性が高い年齢だとも考えられています。



2020年の本厄・前厄・後厄は?

厄年にあたる年齢は、男女で異なっていて

  • 男性の場合は25歳、42歳、61歳
  • 女性の場合は19歳、33歳、37歳、61歳

が本厄となります。いずれも数え年です。

中でも男性の42歳、女性の33歳は「大厄」と言われていて、男女ともに他の厄年と比べて、より大きな厄災に注意が必要な年齢とされています。

これに加えて本厄の前後1年は、厄の前兆が現れる”前厄”。

厄が薄らいでいくとされる”後厄”があります。

2020年/令和2年に厄年(本厄・前厄・後厄)を迎える人は何年生まれ?

本厄・前厄・後厄の年齢は次のとおりです。

男性

厄年(本厄)

25歳|平成8年(1996年)生まれ
42歳(大厄)|昭和54年(1979年)生まれ
61歳|昭和35年(1960年)生まれ

前厄

24歳|平成7年(1995年)生まれ
41歳|昭和53年(1978年)生まれ
60歳|昭和34年(1959年)生まれ

後厄

26歳|平成9年(1997年)生まれ
43歳|昭和55年(1980年)生まれ
62歳|昭和36年(1961年)生まれ

女性

厄年(本厄)

19歳|平成15年(2003年)生まれ
33歳(大厄)|昭和63年(1988年)生まれ
37歳|昭和59年(1984年)生まれ

前厄

18歳|平成14年(2002年)生まれ
32歳|昭和62年(1987年)生まれ
36歳|昭和58年(1983年)生まれ

後厄

20歳|平成16年(2004年)生まれ
34歳|平成元年(1989年)生まれ
38歳|昭和60年(1985年)生まれ

最後に女性の大厄である33歳とその次の37歳という年齢に着目してみます。

前厄・後厄を含めると、35歳を除く”32歳~38歳”の長い期間厄年が続くとされています。

この期間は特に注意したほうが良いと考えられています。

厄年にはどんなことをしたらいいの?

厄年を迎えたら”厄災”に注意?

そう言われても実際に何をどうすれば、厄災を防ぐことができるのでしょうか?

迷信や風習ですから、特に何もしないという方もいらっしゃるかもしれません。

少しでも心配だと思う方は厄除けをしてもらうと心の平和を得られるのではないでしょうか。

厄(やく)年に飛躍(ひやく)する人もいる。

ことたま(言霊)の話です。

普段から信心深く、心の学びをしている人は厄年に飛躍すると学びました。

  • 人に親切にする
  • 威張らない
  • 恐れない
  • 自分にやさしく生きる
  • ダメな自分も認める
  • 明るく楽しく生きる
  • 周りに不機嫌を伝えない
  • 自分の機嫌は自分でとる

上記のようなことを知り、魅力がある人には、厄年の厄災が起こりません。

逆に、厄年が来ると”飛躍する”と言われています。

「自分はできてないな」とは思わなくていいのです。

少しでも自分が心について学んでいて、わずかでも実践しているなら自分を認めてあげましょう。

愛を出して心身に光(⇔闇)を灯して生きる覚悟・忍耐がある人には、災厄など起こりません。

”自分は厄年に飛躍する生き方をしている”と胸を張りましょう。

”厄除け”は一般的なお寺・神社でも実施してることが多い

関東では”厄除け大師”として有名な「川崎大師」や「佐野厄除け大師」があります。

関西では「成田山不動尊」「あびこ山大聖観音寺」があります。

厄除けで有名なお寺もありますので、お近くの厄除けスポットを探して、来年の初詣に訪れてみるのも安心につながりますね。

【体験談】私が2017年/2018年/2019年厄年を迎えて起きた出来事

2017年|前厄

  • 仕事に影響する出来事
  • 引っ越しを余儀なくされる出来事
  • 嫌な奴を避けないといけない

2018年|本厄

  • 仕事で少し努力が必要な時期
  • 健康診断に行き自己管理

2019年|後厄

  • 身内が体調不良に
  • 12月入ってすぐ指をカッターで切りました(苦笑)

別に悪いことだけでなく、自分で意識していいほうへ改善することもやってきました。

自分が信じる”運の良くなる行動”をとっていれば、心は平穏でいられたし、悪いことが起きても落ち込んでもすぐに立ち直れました。

たとえばこういう内容になります。

運勢は自分でコントロールするものですからね。

後厄の次の年まで気をつけたほうが良い

博多華丸・大吉さんが番組で神社にお参りするときにおっしゃっていました。

特に大吉さんが「後厄のその次の年まで気をつけたほうがいいよ」って、番組のゲストに伝えていましたよ。

気をつけなければならない出来事があったと言っていました。

慎重派らしい意見とうか、大吉さんは”年齢と成功の関係”を記した本「年齢学序説」を出しているほどです。

芸能人のブレイクと年齢の関係を研究していたので、そういう意識になるのでしょう。

その年の10/11/12月に起きる出来事が次の年の運勢になる?

ゲッターズ飯田さん曰く、この時期に起きる出来事に注目とのことです。

この時期にケガや病気をしやすかったら、次の年はそこに気をつけたほうが良いそうです。

私は来年、ケガに気をつけたほうが良いのでしょう。

もちろん、この時期にいいことが続くなら、来年はいい年になるそうです。

あなたはどんな年末3か月間を迎えていますか?

どんな出来事も良いほうに変えていく

以上、私もいい出来事も悪い出来事もありました。

でも、ケガや病気をすることで、「自分の状態をいいほうへ変えていけばいいんだ」と思えます。

いいことがあったら”感謝すること”を思い出させてくれるのです。

そう思えれば、何が起きても大丈夫ですよね。

”何か起きる”のは、いまの未熟な自分に改善を促す教訓だと思いましょう。

そうすれば、いつもいい運勢を保てるのです。

【参照】お正月に”破魔矢”や”お札”を購入する意味と飾り方

正月にお寺や神社に行くと、破魔矢やお札を目にする機会があると思います。

破魔矢やお札はどのようにして飾ったらよい?

破魔矢は、正月に行われていた「射礼(じゃらい)」と呼ばれる弓の技を試す行事に使われていた「はま矢」に由来しています。

のちに、「はま」が「破魔」に通じるとして、好運を射止める縁起物として扱われるようになりました。

破魔矢の飾り方については特に決まりはなくどこに飾ってもよいそうです。

神様から授かった縁起物ですから、神棚やできるだけ天井に近い位置に飾りましょう。

方角を気にされる場合は鬼門に矢先を向けるのがよいとされています。

お札はお守り

お札を飾る場合は、破魔矢と同じく神様から授かった縁起物ですので、神棚やできるだけ天井に近い位置がよいとされています。

神棚がない場合は、南あるいは東の方角に向けて飾るのが一般的です。

破魔矢とお札、いずれもその効果は1年間といわれています。

飾ってから1年が経ったら、新しいものを授与してもらいましょう。

用が済んだ破魔矢とお札は、授与された神社やお寺にお返しするのがよいとされています。

神社やお寺には古神札奉納所(こさつのうしょがありますので、そこへ持っていきましょう。