『Amazon』Audible(オーディブル)朗読で聴くボイスブック|本は耳で聴く時代

『Amazon』Audible(オーディブル)朗読で聴くボイスブック|本は耳で聴く時代

皆さん本を読む習慣はありますか?私は「自己啓発・ビジネス」本をよく読むのですが、最近はYouTubeに自己啓発系・ビジネス系の音声動画は頻繁にアップされているので、そちらで”聴いています”。

紙の書籍を”読む”のも小さいころからの習慣で好きなのですが、今は紙の本は月に1冊買えばいいほうで、スマホの電子書籍リーダーでkindleを利用する機会が多くなっています。
また、kindleも目の負担が大きいので、YouTubeで自分が好きなジャンルを”聴く”機会が増えてきました。

 

というわけで、紙の本もわざわざ買わないし、電子書籍も目の負担が大きいので読む機会は減らしたいから「困ったな」と思っていたところ、YouTubeで朗読の動画を偶然見つけました。

ですがそれは素人が動画の再生回数目的で、電子書籍の無料サンプル部分を素人の声質とトーンで読んだ酷いものです。

最近知ったのですが、Amazonでは、一般書籍を朗読してくれるサービスが始まっていたんですね。気づきませんでした。
Audible(オーディブル)というサービスで、プロの声優・ナレーターが読む音声コンテンツを利用できるようです。

 

スポンサードリンク





Audibleは会員制月額1,500円のAmazon新サービス

Audibleはプロの声優やナレーターが読む音声コンテンツを耳で楽しむサービスです。

ジャンルは「ビジネス書」「自己啓発」「小説」「英字新聞」「落語」「講演」とけっこう多岐に渡るラインナップがすでに揃ってます。

人気作家やベストセラーも揃っており、自分の好きなビジネスジャンルなら堀江貴文さんの「多動力」もありました。これは読んでみたかった書籍なので、あとで聴こう。

 

音声コンテンツサービスの利用開始は30日間の無料体験から始められ、1冊目は無料です。
無料体験を申し込んだら、30日後以降は月額1,500円かかりますが、ひと月試して気に入らなければ、すぐ退会できる仕組みのようです。

忘れてると勝手に継続されて嫌な思いをしますが、無料期間含めて3か月もあれば気づくでしょう(笑)。

 

 

さっそくホリエモンの多動力をダウンロードしてみました

PCの「商品の確認画面」では以下のような案内が出てきました。

  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。いつでも退会できる。
  • 毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • 気に入らなかったら、他のタイトルと交換OK。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。

 

「無料体験を試す」ボタンをポチりました。すると以下のような案内のAudibleストアトップページに辿り着きました。

ようこそ、Audibleへ!

世界では何百万人ものAudibleユーザーが耳で情報を得たり物語を楽しんだりしています。あなたもAudibleで新しいライフスタイルをご体験ください。

さあ、アプリをインストールして聴いてみよう 携帯番号またはメールアドレスを入力して送信ボタンをクリックすると、お使いのスマートフォン・タブレットにアプリのインストールリンクが送られます。

引用元:Audibleストアトップページ

いまパソコンで手続きしていますが、スマホかタブレットにアプリをインストールする必要があるようです。

 

ふむふむ、私はスマホにインストールしました。けっこう重いですね。Amazonアカウントでサインインして利用開始です。スマホアプリで開始するとこんな画面で始まります。

 


 

 

ライブラリーに移動すると、ありました購入した「多動力」。著者は堀江 貴文、ナレーターは片山 公輔さんというプロのナレーターの方です。

サンプルを10秒聴きましたがイイ声です(笑)。当然素人の朗読とは違い、活舌もよく心地よく聴ける声です。

 

 

ではさっそくダウンロード。46MBでまぁまぁ時間かかってます。4分の1で5分、てことは20分掛かりますね。^^;
ですがダウンロード中でもタイトルをタップしてみると「ダウンロード済みの部分はもう聴ける」みたいです。

うんうん。上記スクリーンショットの下部を見て頂けば分かるように、

  • 再生速度
  • 目次
  • スリープタイマー
  • ブックマーク

のボタンがあるので、YouTubeのように速読で朗読が可能ですし、目次を選ぶことで聴きたい内容へスキップすることも可能なようです。
忙しい人やから眠ろうとしている人が”聞き流す”には便利な機能ですね。

音声コンテンツなので、オーディオのように30秒ずつスキップすることも可能で、聴きたい部分だけに集中できます。

 

 

朗読で聴くボイスブック「Audible(オーディブル)」を利用してみた感想

正直、今はYouTubeで人が話す音声を聴くことに慣れているので、Audibleはちょっと耳慣れない部分があります。

ですが、初めで話したように書籍で学びたい内容を読まずに音声で朗読してもらえれば、目の負担も軽くなり、話を聴くように頭で理解しやすくなると思います。

無料体験から始められるので、私のように目で見る読書に飽きたり困ったりしている人は一度、”Audible(オーディブル)の本を聴く体験”をしてみる価値はあると思います。

スポンサードリンク