冬のボーナスはどの企業も支給される?その詳細と違い|使い道ランキングBEST4

冬のボーナスはどの企業も支給される?その詳細と違い|使い道ランキングBEST4

年間2回あるボーナスで、自分へのご褒美や大きな買い物をする人も多いのではないでしょうか?

年末の予定が決まると、冬のボーナスがいつもらえるのか気になる人も多いはずです。
ここからは、公務員や民間企業の冬のボーナスについて紹介します。

 

スポンサードリンク


冬のボーナス支給日は?公務員と民間企業の違いは?

まず始めに、冬のボーナスの支給日や公務員と民間企業の違いについて、説明していきたいと思います。

公務員の冬のボーナスは毎年12月10日が支給日と決まっており、民間企業は決まった日はなく、12月1日から15日までの間と企業によってさまざまです。

多くの企業は5日や10日など、給料日よりも早くきりのいい日を支給日としている企業がほとんどです。

 

夏のボーナスとの違い

夏のボーナスと冬のボーナスに少し違いがあります。もらえる金額はおよそ半分ほどの割合で、冬はどの家庭も物入りということもあり、年間のさまざまな手当てを冬のボーナスに含めている企業もたくさんあります。

企業によって異なりますが、夏のボーナスに個人個人の業績に対する手当を上乗せしている企業もあるので、夏のボーナスの方が多いという人ももちろんいます。

 

パートやアルバイトもボーナスが出る?その相場は?

実は企業やお店によっては、パートやアルバイトにもボーナスを支給してくれるところもあります。

金額の相場は範囲が広く、千円から多いところでは十万円近くもらえる企業もあります。給料に対しての何%のボーナスと定めているところもあります。

 

 

ボーナスが出ない会社の理由やメリットは?

続いて、ボーナスを支給していない会社について紹介します。

実は、日本の企業の約30%近くがボーナスを支給していないのが現状です。その理由として、業績悪化の心配とボーナスを支払う余裕がないというのが企業の正直なところです。

 

しかし、ボーナスが出ない会社にもメリットはあります。例えば、ボーナスがない分月々の給料が通常より多く支給されているといった会社もあり、一括支給に比べ、月々の給料に振り分けられる方が1ヶ月の収入に余裕ができます。

ボーナスは給料であるものの、月々の給料に振り分けられたボーナスは基本給として必ず支給される保証があり年2回支給されるボーナスは会社の業績悪化によって増減するので、損をする可能性もあります。

 

 

冬のボーナスの使い道ランキングBEST4

最後に、冬のボーナスの使い道について、ランキング形式で紹介します。今まで、ボーナスの使い道に悩んでいた人や上手な使い方ができていなかった人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

第4位「クリスマスディナー」

冬のボーナスの使い道の第4位は「クリスマスディナー」です。普段は手を出せないような、レストランや料亭などでコース料理を恋人や夫婦で楽しむといった人が多いようです。

 

第3位「子どもへのクリスマスプレゼント」

冬のボーナスの使い道の第3位は「子どもへのクリスマスプレゼント」です。子どもを持つ人の場合、ボーナスのもらえる12月は誕生日よりも少し贅沢なプレゼントをクリスマスに買ってあげようという人も多いようです。

 

第2位「旅行」

冬のボーナスの使い道の第2位は「旅行」です。ディナーと同じく、普段行けない場所や泊まれないホテルや旅館に行って贅沢な旅行を楽しむといった人も多いようです。

 

第1位「貯金」

冬のボーナスの使い道の第1位は「貯金」です。断トツで多いのはやはり「貯金」で、自分の老後や家族、子どものために蓄えをしておくためにボーナスはなかったものだと考えて貯金するといった人も多いようです。

関連コンテンツ



スポンサードリンク