口臭の原因は『食後のコーヒー?』|原因を知ってコーヒータイムを楽しもう

口臭の原因は『食後のコーヒー?』|原因を知ってコーヒータイムを楽しもう

食後に1杯のコーヒーが欠かせないという人は大勢いると思います。
ただ、そのリラックスのためのコーヒー1杯が口臭の原因になっている場合があります。

では、なぜコーヒーが口臭の原因になっているのか理由をいくつかご紹介します。

 

スポンサードリンク


コーヒーのアレが口内に付着する?

まず一番の理由は、コーヒー豆の細かな粒子が原因です。
この粒子には舌の表面に付着しやすいという性質があり、付着すると独特なにおいを発生させるのです。

それが口臭の原因になる一番の理由です。

ドリップコーヒーはもちろん、インスタントコーヒーや缶コーヒーにも細かな粒子は含まれているので、
どのコーヒーも口臭を発生させる可能性があると言えるでしょう。

 

 

カフェインでトイレ回数が増えると?

次に考えられるのは、カフェインによる利尿作用です。
コーヒーにはカフェインが含まれています。このカフェインには利尿作用があります。

コーヒーを飲んでトイレが近くなることはありませんか?
トレイが近いと体内の水分が減ってしまい、口の中の唾液の分泌量が減ってしまいます。

この唾液の分泌の減少が口臭を悪化させる原因です。

唾液には口の中の細菌が繁殖することを抑える役割があります。
この繁殖を抑え口の中を清潔に保つことが大切なのです。

ですが、唾液が減ってしまうことで口の中に細菌が繁殖し口臭が発生します。
唾液の分泌量を減らさないと言うことがポイントです。

 

 

カフェインが内臓に影響して?

また、カフェインは胃が荒れる原因になります。
食後に飲むコーヒーは消化を助ける作用があるのでいいのですが、問題は空腹時に飲むコーヒーです。

カフェインには胃液分泌を促進する働きがあります。
食べ物が胃の中にない状態で胃液がたくさん分泌されてしまうと、胃が荒れる原因になります。

胃が荒れてしまうと働きが低下してしまい、消化不良を引き起こし口臭の原因になります。

もともと胃が弱い体質の人は特に気を付けた方がいいです。
これが原因での口臭は、とても強烈な臭いを発するので注意した方が良さそうです。

 

 

カフェインが血管の流れを阻害して?

カフェインには血管を収縮させ血流を悪化させる作用があります。
この血流が悪化することで歯茎の血液の流れが悪くなる事はご存知でしょうか?

これにより、酸素や栄養、また免疫細胞が十分に届かなくなってしまいます。

そうなってしまうことで、口の中の虫歯菌や歯周病菌などの悪玉菌に対する免疫力が弱まってしまい
口臭を悪化させる原因となってしまうのです。

 

 

コーヒーをやめないと口臭予防はできない?

コーヒーのカフェインによる口臭の悪化には様々な理由があります。

ですが、コーヒーが大好きで一日数杯飲んでしまう人からすると
急にコーヒーを止めることは禁煙する事と同じぐらい難しいかもしれません。

ですが、口臭を予防する方法はもちろんあります。

 

カフェインレスコーヒーを飲む

例えば、カフェインレスコーヒーを飲むということです。
ただ、コーヒー好きにはカフェインレスが物足りなく感じるかもしれません。

一日数杯飲む内の1杯をそれにしてみるのもいいかもしれないです。

 

アメリカンローストを飲む

また、コーヒーの香ばしさが好きな方は深入り焙煎を選ぶ人も多いと思います。
ですが、この深入り焙煎の雑味が舌に残る事でにおいが気になる場合があります。

エスプレッソやカプチーノではなく、口臭予防のために
すっきりとしたアメリカンローストを試してみるのはいかがでしょうか。

また、カフェラテではなくカフェオレを選ぶのもいいと思います。

エスプレッソの雑味が臭いの原因と先に述べましたが、
カフェラテはエスプレッソに牛乳をまぜたものが一般的とされています。

それとは反対に、カフェオレはエスプレッソではなくドリップしたコーヒーが使われています。
口臭を気にするのであれば、カフェラテよりもカフェオレを選んだ方が予防になるかもしれません。

 

 

口臭の原因は『食後のコーヒー?』|最後のポイント

コーヒーひとつにしても口臭の原因はたくさんあります。
でも、好きなものを摂ることでリラックス効果があることも事実です。

その至福感のためにも、1日の飲む量を気にしたり、選ぶ種類を少し変える事で予防になります。

原因を知っていれば予防はさほど難しいことではありません。
なので、コーヒータイムを楽しむためにも「ちょっとした事から試してみる」ことをおススメします。

関連コンテンツ



スポンサードリンク