【金運】お金持ちになるお金の使い方|お金は稼ぐことよりも使う方が難しい

【金運】お金持ちになるお金の使い方|お金は稼ぐことよりも使う方が難しい

運や金運をよくしたければ、お金を「稼ぐ」ほうが実は簡単で、「使う」ほうが難しいのです。「お金の使い方」は小学校でも中学校でも習いません。大人になっても教えてくれる人はいません。ですが、一番知っておかないといけないのが「お金の使い方」です。

お金の使い方を知らないから、お金持ちになる方法を知ってもお金持ちになれないし、平凡な収入なのに借金までしてしまう使い方をします。遊びや趣味にお金を使っても、時間とお金を失うだけで、何も得ることはできません。

しかし、逆にお金を使う選択を、読書・習い事・勉強・仕事に関する専門書の購入などに充てれば、どんどんお金持ちの方向へ向かっていけるのです。

 

スポンサードリンク


「生活に必要なものだけを購入」し余計な買い物をしない

あなたが金運を上げたいと本気で思っているなら、お金の使い道を

  • 生きていく上で本当に必要な物の(食料品・生活品など)
  • 「お金を生み出す」ことにつながること

のみにお金を使うように、まずは気をつけてみましょう。この積み重ねと繰り返しを続けるうちに、出費がスリムに絞られつつ収入が上がっていくサイクルに入っていけます。そうしてお金を少し持てるようになったら、今度は

  • 自分と他人が笑顔になること(楽しめるもの)
  • 時間をお金で買う(例えば目的地にタクシーを使うなど)

ことを始めると、大きなお金の流れに乗り、その後は自然とお金が集まり始めます

 

稼いだお金の重み・苦労を知る

お金を使う時に「このお金はどうやって手に入れたのか?」、その苦労を思い出して、「自分の苦しんだ思いに比例した物なのか?」をよく吟味します。

  • 使ったお金が仕事や収入につながっているか?
  • 将来の自分への投資になることなのか?

よく考えたほうがいい、ということです。収入が伸びもしない、お金を生み出すスキルが身につかないうちから、ポンポンとお金を使うものではありません。

まだ貧乏なうちは、少ないお金から、この方法を試していきましょう。少ないからこそ、使い道を絞る感性が磨かれますお金を使うことの難しさをもっと知ることです。

金運を上げるために大切なのは、運そのものではなく、基盤となるのは「人」「行動」「考え方」なのです。

関連コンテンツ



スポンサードリンク